大きな醤油だるのお部屋でおいしいお肉を堪能して 山麓苑
歴史ある醤油醸造だるを改装した個室でのんびりと

 山麓苑がオープンしたのは、いまから35年前の1976年の秋のこと。創業当時は文字通り何
もない山のなかであり、そこから少しずつ手作りで設備が整えられていったそうです。
なによりもユニークなのは近くの熊取町や、遠くは兵庫県からも取り寄せたという
醤油だる。それぞれの醤油だるを離れの座敷として活用するアイデアが評判
を呼び、いまでは地元の名物的なお店となっています。最初はわずか5つ
で始まった醤油たるも今ではなんと敷地内に45個もあるんだとか。

こちらでいただけるのは、創業当時から変わらないカンテキ&ジンギスカン鍋による鉄板焼き。羊だけでなく鶏、牛、豚、さらには海鮮なども一緒に楽しむことができます。
30人以上が入れるような大広間からファミリーにピッタリの小ぶりな樽まで、バラエティ豊かに揃っています。

photoまさに快適な離れといった趣で、冷暖房は言うに及ばず、なかにはテレビがついている部屋も。photo

ユニークな醤油だるはまさかのお手洗いまで
実は、醤油だるが活用されているのはお部屋だけではないんです。
お手洗いに入ってみてもビックリ、なんとお手洗いも醤油だるでできているんです。
これまでにも数々のテレビ番組で紹介されてきた山麓苑ですが、なかには「ユニークな
トイレ」という特集でお茶の間に登場したこともあるそう。

ぜひ1度は訪れてみて!サクラの時期は格別です
年間を通して賑わいを見せる山麓苑ですが、なかでも一番のピークを迎えるのは毎年3月末〜4月にかけてのサクラのシーズン。4000坪の敷地内にはソメイヨシノのほか大島桜や八重桜、おかめ桜など600本ものサクラが咲き誇り、自然あふれる山麓苑をよりいっそう趣き深いものにしています。このサクラは創業当時に「山麓苑の名物になるように」という想いをこめて、1本ずつ植えられたもの。坂道の頭上を覆う桜並木と舞い落ちる花吹雪、ライトアップされたサクラと醤油だるのコラボレーションなどまさに園内すべてがシャッターポイントと言っても過言ではないでしょう。ぜひ一度、サクラの山麓苑にも足を運んでみてください。

access 貝塚市内から車で県道170号線を東へ。河合町の交差点を右折すると、山麓苑の大きな看板が見えてきます山麓苑 住所:岸和田市河合町1221-2 電話:072-446-8018 時間:11:00〜22:00 (受付は〜21:00、LO21:30) 休み:木曜不定休   ※掲載の情報は、平成23年3月18日現在のものとなります。
Back Number

貝塚ニュータウン情報発信マガジン!